長所を活かして働くこと

IT企業で働くに当たって、自分の性格の長所を仕事に活かせるかもしれない、という期待を持つことがあるでしょう。例えば、人一倍忍耐力が強かったり協調性が高いなどの周りの人との関わりを円滑にできたり仕事に前向きになれるといった要素により、理想とするエンジニアの鑑になるのだと思っている方がいると思うのです。職場の同僚や上司との間に高いコミュニケーションを展開できるのも、IT技術者としての強みとなるのではないでしょうか。コミュニケーションが上手く取れることでひとつの長所として成り立っていき、円滑なコミュニケーションができる人の周りには多くの人達が集まるようになるわけです。話し上手である以上に聞き上手であることが、高いコミュニケーションを実現させる上での鉄則となり得るものであり、話を聞いてもらっている相手の心境として、「この人はちゃんとこちらの意見に耳を傾けてくれているんだ。この人は人の気持ちを酌むことを大切にできる人なんだ」という好感を相手に抱くことにつながるのです。

IT業界に携わっている方の中では、自分の長所は仕事が速いことなのだと自負しているのではないでしょうか。速い仕事をすることは社会人にとってのひとつの喜びとなるものであり、スピーディーに物事を進められることで気持ちの良い仕事ができているという爽快感を伴うだけでなく、周りの人から「あの人は仕事が速くて助かるわ。あの人と一緒に仕事をしていればこっちの仕事の遅れをカバーする余裕まであるから至れり尽くせりよね」という評価を頂くことが考えられるのです。

Leave a Reply