コンピューターの役目

ITと密接なつながりがあるものはコンピューターだと答える方は多いでしょう。コンピューターの普及により、今日のIT社会が構築されてきたと言っても過言ではないのであり、コンピューターがIT企業のみならず私たちの日常生活にも必要となっているからこそ、最新型のパソコンが店に並ぶようになるのです。特に、IT企業に勤める方ならば、毎日コンピューターと関わりを持つことになるため、おのずとコンピューターによって自分が生かされているかのような感覚を抱いても不思議ではないと思うのです。

仕事でコンピュータに触れるにつれて、コンピューターが自分に語りかけているような心境になったりはしないでしょうか。自分が任された業務をこなしていくのに必要なコンピューターが、あたかも戦友さながらな存在として感じることがあるのかもしれません。プログラマーがコンピューターに対して、「今日も頼むぜ、この仕事を今日中に終わらせるために君の力が必要なんだ。俺に力を貸してくれるよな?」というシチュエーションさえ映し出されていくように感じるのです。

IT企業で使われているパソコンの中で、長年にわたって多くの従業員のお世話になったというくらいに使い込まれているパソコンを見かけることがあるでしょう。もし、そのパソコンに心があるのならば、「IT企業のためにずっと貢献できてとても幸せな気持ちだよ」という想いを従業員に伝えていくことでしょう。コンピューターとしての役目を果たしたパソコンもまた、ITの発展のために尽くせた、という喜びを感じ取るエンジニアがいるかもしれません。

Leave a Reply